2019-08-09
カテゴリトップ>巨匠の描く美の世界
額装 「般若心経」良寛和尚 
掛軸】絵画】保証】送料無料
作 者良寛和尚 りょうかんおしょう
略 歴1758年(宝暦8) 出雲崎の名主、
橘屋の長男として生まれる。
父は以南(23歳)(与板出身)、
母はおのぶ(または秀子)(24歳)
(佐渡、相川出身)幼名栄蔵。
1775年(安永4) 名主見習役に
なるが46日目に尼瀬光照寺に
駆け込み出家、良寛と名のり
大愚と号す。
1779年(安永8) 国仙和尚に随い
備中玉島円通寺に赴く。
1795年(寛政7) 父以南京都桂川に
入水死去。
1796年(寛政8) 中山草庵(西照坊)、
郷本空庵、寺泊密蔵院、野積西生寺、
国上五合庵、国上本覚院等を転々とし
一所不定の生活をした。
1805年(文化2) 五合庵中心の生活が始まる。
1816年(文化13) 五合庵を出て
五合庵を出て乙子神社草庵に移る。
1831年(天保2) 正月6日寂す。
8日葬儀、導師は与板徳昌寺住職
大機和尚、隆泉寺木村家墓地に葬る。
作品名般若心経
寸 法作品寸法 25.5×63.5cm
額寸法 39.2×86.9cm
仕 様天然竹材、アクリル、布タトウ、黄袋
技 法多色摺り木版画
版数摺数5版12度摺り
限定部数500部
保 証
  額装「般若心経」良寛和尚


酒脱軽妙で、魅力あふれる量感和尚の遺墨
良寛の楷書を見て誰もが最初に受ける印象は、その人柄を連想させる
清澄な線とあかるしい余白の美しさです。
良寛の心がそのまま紙面に表現された心象芸術といえましょう。
そんな良寛独特の細楷の代表作が、この般若心経です。
表面は淡白でありながら内に複雑な動きを蔵し、
一字一字があたかも仏様のように微笑をたたえています。


〜是非この機会に、巨匠が描く美の世界を、お手元でご鑑賞下さい。〜
【巨匠の描く美の世界】
価格
189,000円 (税込)送料無料
お届けまで7〜10日となります。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送

S